ダイエットで成功するコツ・リバウンドしないために・運動方法・生活習慣

MENU

ダイエットで成功するコツ・リバウンドしないために・運動方法・生活習慣

ダイエットで成功するために
ダイエットで成功するためには、知識が必要です。ただ食事を抜くだけのダイエット方法は、体重は減りますが体への負担が大きく、かなりの確率でリバウンドしてしまいます。

 

ダイエットで成功するために知っておくべき情報を紹介しますのでお役立てください。ダイエット女性

 

効率が成功の鍵です
せっかくダイエットするのですから効率よく取り組みたいものですよね。効率よくダイエットするためには、食事制限や運動制限をバランスよく取り入れ、質の良い睡眠を充分にとることが大切です。食事だけのダイエット法や運動だけのダイエット法など、何かひとつの方法に固執することは効率が良いとは言えません。効率を下げるどころか、場合によっては痩せにくい体質になってしまう危険性もありますから注意が必要です。

 

食事の量を減らして運動を取り入れないままでいると、筋肉がどんどん痩せ細っていきます。体重こそは減ったとしても筋肉を失うことでカロリー消費がスムーズに行われなくなり、太りやすくなってしまいます。また、運動だけで体重を落とすのも難しいでしょう。いくらジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を積極的に取り入れたとしても限界があります。例えば1時間ほど有酸素運動を行ったとしても、200kcalにも満たないケースがほとんどです。そのため食事量は今まで通りで有酸素運動だけを取り入れても効率が良いとは決して言えません。

 

私たち人間は寝ている間にもカロリーを消費しています。いわゆる基礎代謝と言われるもので、呼吸をしたり心臓などの臓器が機能することで自然とカロリー消費が行われます。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、多くの脂肪を燃焼させると言われています。そのためにも質の良い充分な睡眠を心掛けることが大切ですね。

 

効率よくダイエットするなら、食事制限・運動制限・睡眠を偏りなく取り入れるのが一番です。

 

ダイエットを成功させるためのコツ
ダイエットの方法には、実に様々なものがありますが、どの方法を取っても、きちんと持続することができたらある程度痩せることができます。失敗してしまうのは、途中で挫折してしまうからなのですよね。

 

ダイエットを「成功」させるためには、「失敗しない」「挫折しない」ようにしていくことが重要なのです。「当たり前」のことかもしれませんが、多くの方が途中で挫折してしまっているのですよ。

 

減量生活を持続させるためには、「習慣化」することが重要です。習慣化させるためには、最初から飛ばし過ぎないということが必要でしょう。いきなり食事の量をがっつり減らすのではなく、少しずつ少しずつ減少させていきます。運動も、最初からジョギングをするのではなく、「エスカレーターを階段に変える」ような、身近なことから始めるようにしましょう。

 

また、ダイエット日記などでレコーディングしていくと、続けるモチベーションが出るかもしれません。また、友人や仲間などと一緒に挑戦するというのも、持続させるためのコツです。

 

【ダイエットのコツのまとめ】
・小さな一歩から
・とにかく続ける
・無茶はしない
・ダイエット生活を記録する
・仲間と一緒にやる

 

ダイエット女性

 

どうでしょうか?他にも色々コツはありますので、自分なりに探究してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

ダイエットとリバウンドの関係

ダイエットにつきものの失敗と言えば、やはりリバウンドではないでしょうか。せっかく減らした体重を元に戻さないためには、しっかりと栄養を補給しながらダイエット生活をしていくことが非常に重要です。

 

【どうして「リバウンド」が起きてしまうのか】
リバウンドの原因には、以下のようなものがあると至適されています。

 

・栄養不足
減量中でも、ビタミンやミネラルなどの栄養素は必ず必要です。これが不足してしまうと、「栄養を貯めやすい」身体になってしまいかねないのです。

 

・筋力低下
運動を伴わないダイエットをしていると、筋力が低下してしまいます。運動の消費カロリーも少なくなってしまいますし、不健康になりやすいので運動は必要ですね。

 

・食事の量が元に戻った
食事の量を一時期だけ減らしても、その後もとに戻してしまうと体型がもとに戻ってしまうのも当然です。

 

・代謝の低下
無茶な生活を送っていると、代謝に悪影響が及んでしまいます。その結果、肌は荒れやすくなり、エネルギーも消費しにくくなるのです。
リバウンドを起こしてしまわないためには
リバウンドを避けるためには、食事のバランスを整え、運動も行うという地道なダイエットをしていくのが一番なのです。減量に近道はないんですね。

 

 

ダイエットと運動

「食べるだけで痩せられる」というキャッチコピーは良く目にしますが、基本的に運動をしないと上手に痩せることはないと考えましょう。

 

運動によって…
・筋力をつけて、基礎代謝(何もしていなくても消費されていくカロリーのこと)を上げ、運動代謝(運動したときに消費されるエネルギーのこと)も上げることができます。
・有酸素運動(筋肉に酸素を補給しながら行う運動。ウォーキングや水泳など)を行うことで、脂肪が燃焼されていきます。有酸素運動は、ブドウ糖だけではなく脂肪もエネルギーとして使うからです。

 

食事の量を減らして、カロリー自体を減らしていくことも非常に重要なのですが、運動を行わないと「健康的に」痩せることはできません。

 

運動は、「無酸素運動(筋肉に酸素がいかないような強度で運動すること)」と「有酸素運動」に分かれます。一般には、ダイエットには「有酸素運動が良い」と言われていますが、両方をバランスよく行っていくことが減量成功の秘訣です。
<無酸素運動>
筋トレが典型的な無酸素運動です。筋力が低下していると、基礎代謝・運動代謝が落ちますし病気にもなりやすくなります。
筋肉をつけて、有酸素運動の効率をアップさせるようにしましょう。

 

<有酸素運動>
1日に20分以上行うのが重要です。20分以上運動しないと、脂肪が燃焼開始しません。

 

 

 

ダイエットと生活習慣

極端なダイエットはしたくないけど、少しでも痩せたいという人も多いはずです。
そういった人達には、生活習慣を見直すことをおススメします。

 

よく噛んで食べましょう
まず、よく噛む癖をつけることをおススメします。食べ物を口にしてから、満腹と感じるまで20分の時間がかかるので、よく噛んでゆっくり食事をするように心がけるのが食べ過ぎない秘訣です。また、よく噛んで食べると消化吸収もよくなるので、胃や腸への負担が減るのも長期的に見て重要です。

 

体を動かす癖を身につける
人体の構造は筋肉と脂肪の総量が決まっているので、脂肪を増やさないためにも筋肉を使うようにして、維持することが基礎代謝を上げる上で重要です。筋肉を維持するためにも低カロリーで高タンパク質なきな粉などを摂取するのも大切です。

 

間食は控える
間食などの食べる習慣を控えましょう。誰しも口が寂しくなり、スナック菓子やおつまみを食べるのを楽しみにしがちです。しかし、間食は栄養価よりもカロリーが高い傾向があるので、摂りすぎると脂肪に直結してしまいます。もし、間食をするのであれば、果物やナッツなど普段の食事で摂りづらい栄養をバランスよく摂取するのが重要です。

 

適度なストレス発散
ストレスを溜めすぎないことです。ストレスが溜まるとやけ食いなどの反動が来てしまいます。ゴルフやカラオケ、ショッピングなどでストレスを発散しながら、体を動かすことが結果的にダイエットに繋がると言えるでしょう。